談山神社

ヨシミチガ イラスト 舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていました。この時、中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は強い志を抱いて、国家の正しいあり方を考えていました。たまたま飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、聡明な皇太子として知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、西暦645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行いました。後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなりました。

  談山神社 公式ホームページ ヨシミチガ ミニギャラリー

Copyright (c)1999-2009 tanzanjinjya. All rights reserved.
このホームページは談山神社(たんざんじんじゃ)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は談山神社に帰属します。

トップへ