當麻寺・中之坊

ヨシミチガ イラスト 當麻寺は、大和の西方を象徴する寺院で、全国で唯一、天平時代の三重塔を東西二基とも残すことで知られる。
我が国最古の塑像である弥勒仏坐像、最古の乾漆像である四天王立像などの貴重な白鳳仏も伝えている。 4メートル四方もの大画面に極楽浄土を壮麗に描き上げた「當麻曼荼羅(たいままんだら)」は、中将姫が蓮糸で織り上げた伝説とともに名高い。
當麻寺最古の僧坊である中之坊では、大和屈指の名庭「香藕園(こうぐうえん)」が趣き深く、當麻曼荼羅に表される仏の姿を描き写す「写仏体験」もできるなど、まさに極楽浄土を体感できる霊場として親しまれている。また、本尊「導き観音」も広く信仰を集めている。

  葛城の周辺情報

公式ホームページ
ヨシミチガ ミニギャラリー

Copyright (c)1999-2009 taimaderanakanobou. All rights reserved.
このホームページは當麻寺中之坊(たいまでらなかのぼう)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は當麻寺中之坊に帰属します。

トップへ