室生寺

ヨシミチガ イラスト 当山は女人高野と称され、高野山女人禁制の時代から女人の参詣を許していた。奥之院には弘法大師42歳のお姿が安置されており、毎月21日御開帳がある。特に4月の21日は正御影供で、大師講々員の御詠歌、稚児行列、周辺地区寺院僧侶による法要が盛大に行われる。
このように室生寺が真言密教寺院としての信仰を集めるようになったのは鎌倉時代頃のことである。その後江戸時代に正式に真言宗豊山派に入宗したが、現在は真言宗室生寺派として独立している。
春は桜や三千株の石楠花が咲き誇り、秋は紅葉が美しく、五重塔、金堂などを包み込む。

  室生寺 公式ホームページ ヨシミチガ ミニギャラリー

Copyright (c)1999-2009 murouji. All rights reserved.
このホームページは室生寺(むろうじ)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は室生寺に帰属します。

トップへ