長岳寺

ヨシミチガ イラスト 山の辺の道に残る長岳寺は天長元年(824)淳和天皇の勅命により弘法大師が大和神宮の神宮寺として創建された古刹であり、盛時のは子院四十八ヶ坊、衆徒三百余名を教えた。以来幾多の栄枯盛衰を重ねながらも、千百八十有余年間連錦と法燈を守り続け今日に至っている。
千古の歴史を経て文化財も多く、重要文化財として仏像五体、建造物四棟がある。
大門をくぐり両側に平戸つつじの生垣が続く玉砂利の参道を行くとわが国最古の美しい鐘楼門につく。一万二千坪の広くて静かな境内には四季折々の花の香りが漂い、いにしえの趣と心の安らぎを求め、多くの参拝者があとを経たない花と文化財の寺である。

  長岳寺 公式ホームページ ヨシミチガ ミニギャラリー

Copyright (c)1999-2009 cyougakuji. All rights reserved.
このホームページは長岳寺(ちょうがくじ)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は長岳寺に帰属します。

トップへ