安倍文殊院

ヨシミチガ イラスト 大化元年(645)大化の改新の時に、左大臣となった安倍倉悌麻呂公が安倍一族の氏寺として大和安倍の地に創建したのが「安倍文殊院」である。本尊の文殊菩薩は鎌倉時代の大仏師:快慶作の重文で日本最大(7m)であることから「三人寄れば文殊の智恵」の聖地として人々の信仰厚く、古来より日本三文殊第一霊場として名高い。又当山は奈良時代「天の原ふりさけ見れば春日なる・・」で有名な安倍仲麻呂公や平安時代から魔除け・災難除けの守り神として尊崇されている大陰陽師:安倍晴明公が出生された寺でもある。この為全国からご守護を頂く為に参拝する人が後を絶たない。

  安倍文殊院 公式ホームページ ヨシミチガ ミニギャラリー

Copyright (c)1999-2009 abemonjyuin. All rights reserved.
このホームページは安倍文殊院(あべもんじゅいん)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は安倍文殊院に帰属します。

トップへ