中金堂再建奉賛 絵画散華
興福寺 中金堂再建奉賛《絵画散華》〜祈念のこころを絵画に託す〜
 来る平成二十二年、奈良・興福寺は創建千三百年を迎えます。その佳節をさらに意義あるものにするため、私たちはかねてより《天平の文化空間の再構成》を合言葉に、境内の整備事業を行っています。この〈絵画散華〉は、蘇る天平の中金堂・落慶法要の際に使用する〈散華〉を、一般の皆様から広く募るという、未だかつてない試みです。
 み仏への皆様のお心を散華に託し、ご仏縁を深められますことをお勧め致します。ご自分の好きな絵や字など、どうぞご自由に皆様のお心をお描きください。
 二百五十年ぶりとなるこの大事業にふるってご参加いただきますようお願い申し上げます。
《絵画散華》ご奉納の方法
散華 ご自身でお描きいただいた原画をもとに散華を作成いたします。
お送りいただいた原画から散華を八枚作成し、五枚を原画とともにご返却。
うち一枚を落慶法要の際、散華として使用いたします。(残りはお寺にて永久保存)なお、散華制作にあたり、あらかじめ所定の振替用紙で志納料として一作品 金一万円(税込み)お納め願います。
お申し込みについて
正式なお申し込み、ならびにさらに詳しい内容については下の「興福寺平成勧進所」にご連絡のうえ、所定の〈申し込み書類〉をお取り寄せ下さい。
お問い合わせ
「興福寺平成勧進所」電話 0742-22-7755午前9時〜午後5時