歴 史  ア ク セ ス  建 築  彫 刻  絵 画  工 芸  書 物 
 
吉野山から山上ヶ岳(大峯山)に至る金峯山は、万葉の昔より聖地として知られ、多くの貴族が足跡を印している。白鳳年間(7世紀末)修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)がこの金峯山を道場として修行され、蔵王権現を感得し、そのお姿を桜の木で刻み、お堂を建ててお祀りした。これが蔵王堂であり、金峯山寺(きんぷせんじ)の草創である。以来、金峯山は、修験道の根本道場として広く万人に尊崇され、多くの修行者が宗派を超えて入山修行している。また、役行者が蔵王権現のお像を桜の木で刻んだことから、桜が保護・献木されて吉野山が桜の名所となり、人々の心の安らぎの場となるに至ったのである。現在の金峯山寺は金峯山修験本宗の総本山であり、全国教信徒の信仰と教化の中心となっている。

 
Click Here for English Version of Chiga.Yoshimi's Drawings Gallery.

Copyright (c)1999-2009 KINPUSEN-JI. All rights reserved.
このホームページは金峯山寺(きんぷせんじ)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は金峯山寺に帰属します。