歴 史  ア ク セ ス  建 築  絵 画  工 芸 
 
春日大社は、平城京の守護の為に創建された御社で本殿向って右(東)から、第一殿 茨城県の鹿島神宮から迎えられた武甕槌命(タケミカヅチのミコト)、第二殿 千葉県の香取神宮から迎えられた経津主命(フツヌシのミコト)、第三殿 天児屋根命(アメノコヤネのミコト)と第四殿 比売神(ヒメガミ)は大阪府枚岡(ひらおか)神社から、それぞれ春日の地に迎えて祀られている。奈良時代の神護景雲二年(768)、現在地に四所の神殿が創設されたのが始り。藤原氏の氏神として有名。境内に含まれる主なものは、標高295mの御蓋山全域の山林部と、社頭から西方、飛火野、雪消の沢一帯の芝原、若宮おん祭の御旅所(おたびしょ)から一の鳥居に至る参道の地帯を含む平野部で、これら全域は昭和六十年国指定の史跡である。

 
Click Here for English Version of Chiga.Yoshimi's Drawings Gallery.

Copyright (c)1999-2009 KASUGA-TAISHA. All rights reserved.
このホームページは春日大社(かすがたいしゃ)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は春日大社に帰属します。