歴 史  ア ク セ ス  建 築  彫 刻  絵 画  工 芸 
 
728年、聖武天皇が皇太子供養のため建立した金鐘寺が東大寺の始まり。華厳宗大本山。741年に聖武天皇が護国信仰に基づいて国分寺の建立を命じられた際、金鐘寺を大和国分寺として金光明寺と称した。743年になり聖武天皇が大仏造顕の詔を公布、745年に金光明寺にて造営が開始された際、東大寺となった。大仏は752年に開眼供養が行なわれたが、大仏殿や講堂などの伽藍が完成したのは789年になる。その後1180年に平重衝によって、1567年には松永久秀によって伽藍が焼失。現在の伽藍は1709年に再建されたものである。

 
Click Here for English Version of Chiga.Yoshimi's Drawings Gallery.

Copyright (c)1999-2009 TODAI-JI. All rights reserved.
このホームページは東大寺(とうだいじ)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は東大寺に帰属します。