歴 史  ア ク セ ス  建 築  彫 刻  絵 画  工 芸 
 
710年、平城遷都の際に、藤原不比等(ふひと)が飛鳥にあった厩坂寺(うまやさかでら)を移築し、興福寺に改名。法相宗の大本山。藤原鎌足の病気平癒のため、夫人の鏡大王が京都山科の私邸に建立した山階寺が厩坂寺(うまやさかでら)の前身となるため、興福寺は山階寺→厩坂寺(うまやさかでら)→興福寺と2度名前を変えている。藤原氏の氏寺として藤原氏の隆盛とともに寺勢を拡大し、奈良時代には南都4大寺、平安時代には南都7大寺の1つとして栄え、以後鎌倉時代には大和守護職を勤めるまでになる。しかし、戦国時代に入ってから徐々にその勢いは衰え、1717年には北円堂、東金堂、食堂(じきどう)以外の伽藍を消失。それ以後、徐々に現在の伽藍に復興される。

 
Click Here for English Version of Chiga.Yoshimi's Drawings Gallery.

Copyright (c)1999-2009 KOUFUKU-JI. All rights reserved.
このホームページは興福寺(こうふくじ)が提供しているものです。
このホームページの記事、写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は興福寺に帰属します。